国民健康保険の特定健診(集合契約B)

受診対象者

40歳以上74歳以下()で、受診年度の4月1日および受診日において、当健保組合の加入者資格を有する被扶養者・任継者

4月1日~翌年3月31日の受診可能期間中に40歳あるいは75歳になる被扶養者および任継者を含む

*主婦・家族健診と重複して利用することはできません。

受診者負担額 特定健診の受診に関して自己負担はありません(健康保険組合が全額負担)。
受診券の発行 国民健康保険の特定健診を受診するには健康保険組合が発行する「受診券」が必要です。次の『受診券発行申請要領』に基づき、お申込みください。
受診券発行申請要領

インターネットが
利用できる方

医療機関は、
健保連HPから決定

  1. 健保連ホームページで「特定健診等実施機関リスト」を確認することができます。ホームページ閲覧にはパスワードが必要ですので、お手元に保険証を用意して次のアドレスにアクセスし、「Bタイプ」を選択して受診する医療機関をお選びください。
    http://hoken.kenporen.or.jp/Kensin/
  2. ご自身で医療機関に受診予約をしてください。
    (下欄の「予約時の注意事項」をよくお読みください)
  3. 「集合契約B<国保の特定健診>受診券発行申請書」に必要事項を記入し、健康保険組合へご提出ください。
  4. 申請書に記入された宛先に「受診券」をお届けします。
  5. 受診予約日当日、「受診券」と「保険証」をもって受診ください。

インターネットが
利用できない方

医療機関は、
郵送するリストから決定

  1. 「集合契約B<国保の特定健診>受診券発行申請書」に必要事項を記入し、健康保険組合へ提出ください。
  2. 申請書に記入された宛先に「特定健診実施機関リスト」をお届けします。
  3. 医療機関を選択し、ご自身で受診予約をしてください。
    (下欄の「予約時の注意事項」をよくお読みください)
  4. 健康保険組合に予約受診日をお知らせください。
  5. 申請書に記入された宛先に「受診券」をお届けします。
  6. 受診予約日当日、「受診券」と「保険証」をもって受診ください。
予約時の注意事項
  • 予約の際は「集合契約Bタイプ()による特定健診を受診したい」とお伝えください。

    AタイプとBタイプがありますが、当組合はBタイプ(特定健康診査のみ)の利用となります。

  • 健診受付日時や集団健診の場合の実施場所等、詳細情報については医療機関にお問い合わせください。
  • 居住地と異なる医療機関でも受診できますが、医療機関の窓口では住民優先あるいは住民以外は受診を断るケースもありますので、できるだけ居住地の医療機関で受診してください。
受診可能期間

毎年5月 ~ 翌年1月31日まで

都道府県によって、受診期間が別途設けられているところもありますので、ご注意ください。
詳細は、健保連ホームページで特定健診等実施機関リストを参照ください。

健診結果の提出 国民健康保険の特定健診を受診された場合、健診結果は後日医療機関から健康保険組合へ回付されますので、ご本人からの提出は不要です。
申請書類はこちら
Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

このページのトップへ