事業主が実施する定期健康診断

健診区分

満年齢 20~34歳 35歳 36~39歳 40~49歳 50~74歳
被保険者期間 3年
未満
3年
以上
3年
未満
3年
以上
3年
未満
3年
以上
3年
未満
3年
以上
3年
未満
3年
以上
B健診 B健診 B健診 C健診 B健診 D健診 B健診 E健診 B健診 F健診
B健診 B健診 B健診 C健診 B健診 D健診 B健診 E健診 B健診 E健診

満年齢・被保険者期間は、受診年度の4月1日時点で判定

被保険者期間3年未満 … 2016年4月2日以降入社の方

健診項目

項目 B健診 C健診 D健診 E健診 F健診
医師診察
身長
体重
BMI
腹囲
視力
聴力 会話
1000Hz、4000Hz
血圧
脈拍
眼底
検尿 糖・蛋白
潜血
便潜血反応 2回法
胸部X線
胃部X線
心電図
腹部超音波
血液一般 RBC・Hb
WBC・Ht・血小板
血液生化学 肝機能 GOT・GPT・r-GTP
T-BIL・TP・アルブミン・ALP
LDH・A/G比・CHE
脂質 TG・HDL-CHO・LDL-CHO
non-HDL-CHO
T-CHO
腎機能 BUN・CRE
eGFR
膵機能 アミラーゼ
尿酸 UA
炎症 CRP
糖代謝 血糖・HbA1C:NGSP値
ピロリ菌検査
ペプシノゲン検査
肝炎ウィルス検査(HBs抗原、HCV抗体)
オプション検査 乳がん検査 ※1 ※1 ※1
子宮頸がん検査 ※2 ※2 ※2 ※2
前立腺PSA検査

●:事業主が費用負担

○:健保組合が費用負担

※1:「マンモグラフィ」または「超音波(エコー)検査」。2年に1回受診を推奨。
会社指定の健診機関で受診できない場合は任意機関で受診のうえ補助申請可能。
両方受診の場合は「マンモグラフィ」のみ上限6,000円+税を健保組合が補助。

※2:被保険者期間3年以上の満20歳以上の方について、上限4,500円+税を健保組合が補助。
2年に1回受診を推奨。
被保険者期間3年未満または満20歳未満の方、子宮体がん検診費用・自己採取の子宮頸がん検診費用は補助金支給対象外。

(参考)

住民健診

被保険者期間3年未満者など、事業主が実施するオプション検査の受診対象外のため、市町村主体の「住民健診」で対象のがん検診を受診した場合は、自己負担金額の補助申請可能。

種類 補助対象
乳がん検診 被保険者 満40歳以上
「マンモグラフィ」または「超音波(エコー)検査」どちらか一方
1年に1回
子宮頸がん検診 被保険者 満20歳以上
子宮体がん検診、自己採取の子宮頸がん検診は補助対象外
1年に1回
胃部X線検査 被保険者 満40歳以上 1年に1回

がん自己検診

満40歳以上で、定期健康診断等に「大腸がん(便潜血反応)」の検査項目がない方や、「肺がんリスク」が高い方のために「がん自己検診」を実施。

種類 補助対象
大腸がん検診
(便潜血反応検査)
被保険者 被保険者期間3年未満かつ満40歳以上 1年に1回
被扶養配偶者 満40歳以上
肺がん検診
(喀痰細胞診検査)
被保険者

満40歳以上で高リスク者

[高リスク者]
喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が400以上または半年以内に血痰のあった方

1年に1回
被扶養配偶者
このページのトップへ