【手続きNavi】 出産した

出産育児一時金の請求をする

直接支払制度を利用する場合

精算後、出産費用が出産育児一時金の給付額42万円()未満で収まった場合のみ請求が必要です。

()産科医療補償制度に未加入の医療機関の場合…40.4万円

必要書類
添付書類

医療機関等から交付される出産費用の領収・明細書()の写し
(産科医療補償制度加入の場合は当該スタンプ押印のあるもの)

()直接支払制度利用により、医療機関等が健保組合あて発行した専用請求書の内容と相違ない旨が記載されていること。

特記事項
  • 原則毎月18日(休日の場合は前営業日)締切分を翌月給与に計上します。
  • 請求の要否は出産費用明細書の「代理受取額」が給付額未満であるかを確認ください。
詳細はこちら 出産したとき
関連手続 家族を扶養にする(子供がうまれたとき)

直接支払制度を利用しない場合

必要書類
添付書類
  • 医療機関等から交付される出産費用の領収・明細書の写し
    (産科医療補償制度加入の場合は当該スタンプ押印のあるもの)
  • 医療機関等から交付される「直接支払制度に係る代理契約を医療機関等と締結しない旨」が記載された合意文書の写し
  • 出生証明書(下記のいずれか1つ)
    ①医師または助産師が発行した出生証明書等(請求書の証明欄への証明も可)
    ②出産の事実を証明する書類(母子手帳「分娩者氏名記載および医療機関・市区町村の証明のあるページ」のコピー可)
    ③市区町村が発行した戸籍謄本(抄本)
特記事項
  • 原則毎月18日(休日の場合は前営業日)締切分を翌月給与に計上します。
  • 死産の場合は、請求書の「医師または助産師の証明欄」に証明が必要です。
詳細はこちら 出産したとき
関連手続 家族を扶養にする(子供がうまれたとき)

受取代理制度を利用する場合(直接支払制度に対応していない医療機関等)

必要書類
  • 出産育児一時金等支給申請書(受取代理用) 厚生労働省HPに登載の汎用帳票
提出期限

出産予定日2ヵ月前~出産日
提出期限よりも前の提出はできません。

特記事項

受取代理人欄に利用する医療機関等の記載が必要です。

詳細はこちら 出産したとき
関連手続 家族を扶養にする(子供がうまれたとき)
このページのトップへ