公費負担で受診されている方へ

公費負担とは、病気の種類や患者の条件(乳幼児医療など)により、国や地方自治体が健康保険で受診した場合の負担分に対して、助成する制度のことです。

以下の方は、健保組合へ受給者証、医療証写しの提出が必要となります。

  1. 医療機関窓口で、自己負担分の支払いがない方
  2. 窓口負担が軽減される方
  3. 地方自治体で、償還払いを受けられる方

<健保組合へ受給者証、医療証写しの提出が必要な理由>

ご本人からの連絡がない限り、健保組合では公費負担を受けられていることがわかりません。

そのため、公費負担を受けている方に対して、健保組合から保険給付(高額療養費等)が行われると、当健保と国や地方自治体のそれぞれから二重に受け取ることとなり、後日返還していただくこととなります。

このようなことを防ぐため、必ず受給者証、医療証写しを健保組合へご提出ください。

公費で受けられる医療の例

  1. 戦傷病者や原爆被爆者に対する医療のように国家補償的意味を持つ場合
  2. 感染症など社会防疫的意味を持つ場合
  3. 身体障害者への医療のような社会福祉的意味を持つ場合
  4. 企業活動に基づく公害病
  5. 難病の治療、研究を目的とする場合 など

詳細は、該当する病気について、治療、入院する際に、医療機関に確認してください。

各自治体独自の医療給付

公費負担医療に関しては、国の制度のほかにも都道府県・市区町村等、自治体の負担による医療給付も行われています。

主なものとしては

  • 乳幼児医療費の助成
  • 心身障害者の医療費の助成
  • 老人医療煮の助成

等があります。

助成内容等は自治体ごとに異なりますので、詳細は、お住まいの都道府県・市区町村の窓口にお問い合わせください。

感染症についての公費負担

イラスト

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)では、感染力や罹患した場合の重篤性などに基づく危険性によって感染症を分類しています。そのなかで「新感染症」に罹患した人は全額公費負担、ペストやエボラ出血熱などの「一類感染症」または結核などの「二類感染症」に罹患して入院した人の医療費は、医療保険適用後、残額について公費が負担されます。

その他、医療費の一部が公費負担される疾病として、精神疾患、医薬品の副作用による病気などがあります。

公費負担は、対象となる病気や条例も改正されていきますので、詳細については居住する市区町村の役所の担当窓口へ問い合わせる必要があります。

このページのトップへ